将来のための英語

先生と生徒 これからの日本では英語を使った仕事がより増えてくることになります。そこでビジネス英語を勉強しましょう。ビジネス英語では日常会話の英語と違い、より仕事でも使えるような専門的な表現が出来る英語を学ぶことが出来ます。

詳しく見る

最新記事一覧

専門的な勉強をする

Do you speak English ビジネス英語は専門のスクールでレッスンを受けたほうがよいでしょう。自分でスケジュールを組んで効率的に勉強をする、ということも大切になってきます。オンライン受講をすることができるところも増えているので利用をするとよいでしょう。

詳しく見る

世界を相手にする語学力

ABC 通常の英会話よりも、ワンステージ上にあるのがビジネス英語です。習う際のハードルは高いですが、カリキュラムのしっかりとしているスクールであれば安心です。専門用語もレクチャーしてくれるので、即戦力として勤務することが出来ます。

詳しく見る

職種が違えば用語が違う

テレビ会議 実践的なビジネス英語というのは、慣用表現を定着させることでしょう。それぞれのビジネスシーンで役立つ表現を身につける、このことに気をつけていれば、活用しない・できなかった、こうした結果になることは少ないはずです。

詳しく見る

異文化を理解できる

先生と生徒 ビジネス英語はビジネスシーンで使える内容を習得するものです。挨拶から始まり、企業の説明、製品やサービスについてなど、それぞれのビジネスに必要となる内容を学ぶのです。よくある場面を想定しているだけあって、英語でスムーズに仕事ができます。

詳しく見る

語学を仕事に活かす

先生と生徒

英語を仕事の武器にする

英会話スクールのパンフレットを見ると、ビジネス英語というコースが用意されているのをよく見かけます。これは一般的な英会話と違って、仕事で使うことを目的とした英語力を磨くためのものです。学ぶことで、ビジネスシーンでも通用する英語力が身につくという特徴があります。日本語でもそうですが、仕事でラフな言葉遣いをするようでは、相手に良い印象を与えません。ビジネスシーンにふさわしい、取引先に信用してもらえるような英語を使う必要があります。学校の授業では習うことのなかった仕事向けの英語を、こうしたビジネス英語のコースでは習得できるのです。技術的な専門用語を学べるのも特徴です。仕事ではより高度な英単語や文章を使うことが多く、それらを理解できないとやり取りもうまくいきません。相手の意図を汲み取り、こちらの意見を正しく伝えるためにも役立ちます。日本の会社なら必要ないのではないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。近年は経済成長の著しい海外の会社と取引することも多く、日本の会社でも英語を使いこなせることが求められているからです。ビジネス英語をマスターしておけば海外企業とも取引しやすく、社内からも有能な人材として評価されることでしょう。外資系企業で働きたいという方にも、ビジネス英語はおすすめできます。外資系企業に入社するには、高い英語力を持っていることが必須となっているからです。学校で習った英語で終わるのではなく、その先のレベルである英語力を身につけておけば、採用される確率も高まるはずです。