最新記事一覧

職種が違えば用語が違う

テレビ会議

ビジネスに役立つこと

社会的に通じる語学力をスクール(施設)や専門書(ツール)などを使って学ぶ際、どの職種で通用するのかを改めて考えなければなりません。まずは、働く業界が違います。日常英会話を習得しているのなら、次のステージとなるビジネス英語を習得するでしょう。働き方が違うなら、仕事の内容も異なり、独立型やチーム結成、経営側なのか雇用された側なのかという内容にまで考えなければなりません。ある種の業界では、就職してからも自発的に勉強します。留学経験があって、日本語以外の語学を身につけている社会人もいます。ビジネス英語以外にも、実際には、アジアやヨーロッパなどの語学ができたほうがいい場面は多いようです。例えば、日本人向けに「苦手な英語をマスターしよう」というテーマの書籍があるとして、日本人やネイティブアメリカンでなく、異国の翻訳家が書いていることもあります。ビジネス英語の書籍の多くは、あまり日本語に翻訳されていないこともあります。最近の社会情勢からも、欧米以外の国へ積極的に進出する企業も出てくると予測できます。ですから、話して通じる日常英語ができるのであれば、そこから難しい文法や単語というように、働く現場の専門用語へとステップアップさせることが必要でしょう。加えるならば、ビジネス英語にチャレンジする1つ前のステップとして、スピーキング力とリスニング力を同時に強化しておくことも必要ではないでしょうか。学習した表現を定着させることができます。