最新記事一覧

異文化を理解できる

先生と生徒

基本表現をしっかり学ぶ

ビジネス英語を専門的に学ぶならば、英会話スクールや専門学校を選ぶべきです。英会話スクールでは、指導にあたる講師陣は欧米人のみならず、日本人もいればヨーロッパの方もいます。職歴も同様で、現役の弁護士、英語の先生、ビジネスマンという肩書きも持ち合わせているようです。専門学校でならば、後々就職するであろう業界に特化した、そういう英語を中心にマスターすることができます。使えない・使わないであろう英語を学ぶタイムロスさえありません。ビジネス英語をこれから身につけたい方は、実践的な表現を優先して身につけることが必要とも言われています。内容は、初対面での挨拶、いわゆる自己紹介であったり、自分と組織というように自社の歴史も踏まえた説明をすることから始めます。ちなみに、ビジネスシーンで使われる英語に慣れていることを前提としてコトを進めるのが、専門学校ならび英会話スクールの特徴ですから、英語力が予めあることは重要なのです。ビジネスの場面では、日本人と欧米人のペアワークではありません。グローバル企業も珍しくなくなり、文化や習慣の違いに触れる機会は益々増えるでしょう。異文化理解さえ深めることができるのも、世界共通語である英語、ビジネス英語ならではです。また、入社や昇進の際には英語のスコアを基準に設ける企業も増えているといいます。今や、客観的に証明する指標として、様々なシーンで活用できる試験を目指すことさえビジネス英語に組み込めます。