最新記事一覧

将来のための英語

先生と生徒

仕事で使える英語を学ぶ

少子高齢化で日本の市場が衰退している中、より多くの企業が海外進出を計画する様になってきました。こうした事情から、今までは日本語だけでも仕事をすることが出来ましたが、今後は英語を使った仕事がより増えてくることは間違いないでしょう。そこで、仕事でも使えるビジネス英語を学ぶ必要があります。日常会話で使う英語と違い、ビジネス英語ではより専門的な勉強が必要です。一般的な日常会話様の英語は、言い回しに癖がなく、どこでも使える表現が多いですが、ビジネス英語は仕事で使えるタイプの英語です。もっと言い回しも、ビジネス的な表現になり、相手に対しても配慮が行きとといた言い方になります。例えば、相手からビジネスに関しての提案や要望があった場合、どのようにして返答していくことが綺麗な表現になるのか、といった話になります。こうした英語は少し独特な言い回しになってくるため、通常の英会話とは別の勉強が必要かもしれません。また同時に、ビジネスでの相手の発言を理解するときにも役に立ちます。英語を使ってこちらが発信する能力も大切ですが、同じように相手が何を言っているのか理解することも大切です。他にも文章を読む力も必要です。仕事で使う英語はかなり表現が難しく、日常会話レベルでは理解できない専門的なことも多いので、高度な読解力が必要です。ビジネス英語ではこうしたことも含めて学べることが多いです。もしも本格的に英語を使った仕事を考えるのならば、こうしたスキルは欠かせないものになります。